ホーム>陰陽師の基礎知識>安倍 晴明について
  • ホーム
  • 商品一覧
  • ご利用ガイド
  • 陰陽師の基礎知識
  • 店舗案内
  • 陰陽師本舗ブログ

安倍 晴明について

安倍 晴明について

安倍晴明

平安京に生きた稀代の陰陽師。陰陽道における数多のまじない、術、儀式を駆使し、都を災厄から守護していたとされています。

現存する一条戻り橋に、晴明が使役していた12体の式神を隠していたという話は有名で、陰陽道以外にも、様々な術法に精通していたと言われています。

 やや詳しい説明

 安倍晴明(あべのせいめい/はるあきら/はれあき)延喜21年(921年)?~寛弘2年(1005年)

平安時代の最も有名な陰陽師であり、鎌倉時代から明治時代初めまでの陰陽寮を統括した安倍氏(土御門家)の祖である。当時最先端の呪術・科学であった「天文道」や占いなど陰陽道の技術に関して卓越した知識を持ったエキスパートであり、平安貴族たちの信頼を受けた大陰陽師で、その事跡は神秘化され数多くの逸話を生んでいった。

確かな記録に現れるのは960年で、当時天文得業生(陰陽寮に所属し天文博士から天文道を学ぶ学生の職)であった晴明は、村上天皇に占いを命ぜられた。出世は遅れていたが占いの才能は既に貴族社会で認められていたことが伺われる。その後、天文博士の官に任ぜられた。

979年、59歳の晴明は皇太子(のちの花山天皇)の命で那智山の天狗を封ずる儀式を行う。この頃から花山天皇の信頼を受けるようになったようで、記録にしばしば晴明が占いや陰陽道の儀式を行った様子が見られるようになる。花山天皇の退位後は、一条天皇や藤原道長の信頼を集めるようになったことが、道長の日記「御堂関白記」など当時の貴族の日記から分かる。

 安倍晴明-2

後の土御門氏の祖。遣唐使に参加して陰陽の本場城刑山で伯道上人(白道仙人とも)に学び、帰国すると特殊化・秘伝秘術化した独特の陰陽道を築き上げた。
「占事略決」や、陰陽道の名典「金烏玉兎集」を著したとも言われているが、伯道上人に教えを受けた際にこれを授けられたという説も多い。
陰陽緒道の中で最も難しいと言われていた天文道に長じ、朱雀・村山・冷泉・円融・花山・一条の6代天皇、藤原道長・藤原実資に重用されて影響力をふるった。
天文博士を勤めた後には陰陽寮を越えて主計権助・大膳大夫・左京権大夫・大国である播磨守などの官職を歴任して「従四位下」まで昇進した。
時の権力者の影となり日なたとなり活躍したために出世したと言われている一方で、極めてなぞの多い人物でもある。
セーマン(晴明桔梗紋・晴明紋・五芒星)という呪符を使い、人形(ひとがた)を使って、式神(しきがみ)十二神将を自由に駆使し、驚異的な呪術を展開したとされている。
また、没後かなり早い段階から”鳥が話す言葉を理解できた”、”母は信田の森に棲む「葛葉」という白狐だったなど、その超人ぶりと特異性をあまりにも誇張した数多くの伝説が残っており、
古事談・大鏡・宇治拾遺物語・古今著聞集・體源抄・日本紀略・権記・平家物語・大江山絵詞・元亨釈書・源平盛衰記・発心集・北条九代記・私聚百因縁集、歌舞伎や文楽の題目信田妻(しのだづま)・蘆屋道満大内鑑、仮名草子安倍晴明物語、はては近年の夢枕獏による小説や岡野玲子による漫画、数多くの映画化・ドラマ化やゲームのキャラクターなど、中世から近世・現代に至るまであまたの著作の題材として取り上げられている。
1007年に一条天皇によって屋敷址の一部に建立された晴明神社は、一度は焼失したものの復興されて、京都市上京区堀川通一条上ル806に現存しているほか、京都市右京区嵯峨天龍寺角倉町には晴明神社の飛地境内としてその墓標が残っている。

陰陽五行説 (いんようごぎょうせつ)

陰陽道の基本となる陰陽五行説では、万物は「陰」と「陽」以外に、「木」・「火」・「土」・「金」・「水」の五種類の気に分類されます。
これらの気は、お互いを生かし(相生)、打ち消す(相克)ことで永遠に流転しつづけます。
気にはそれぞれ象徴とされる色があり、その色は陰陽道において特別な力を持つと言われています。

やや詳しい説明

陰陽五行説(いんようごぎょう、おんみょうごぎょう:-思想)

陰陽五行思想とは、中国の春秋戦国時代ごろに発生した陰陽思想と五行思想が結びついて生まれた思想のこと。陰陽思想と五行思想との組み合わせによって、より複雑な事象の説明がなされるようになった。

陰陽五行説の論理

「陰陽思想」では、全ての事象は、それだけが単独で存在するのでなく、「陰」と「陽」という相反する形(例えば明暗、天地、男女、善悪、吉凶など)で存在し、それぞれが消長をくりかえすという思想である。一方、「五行思想」は、万物は「木火土金水」という五つの要素により成り立つとするものである。後に五つの惑星と、さらにその後様々な事象と結び付けられ、観念的な五行思想として完成する。

五行相生・五行相剋

五行思想の特徴は、「相生」と「相剋」という、それぞれの要素同士がお互いに影響を与え合うという考え方である。良い影響を与えるものを「相生」、悪影響を与えるものを「相剋」という。

五行相生

「木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生ず」という関係を「五行相生」という。木は燃えて火になり、火が燃えたあとに灰(=土)が生じ、土が集まって山となった場所から鉱物(金)が産出し、金は腐食して水に帰り、水は木を生長させる、という具合に木→火→土→金→水→木の順に良い影響をもたらすということが「五行相生」である。

五行相剋

「水は火に勝(剋)ち、火は金に勝ち、金は木に勝ち、木は土に勝ち、土は水に勝つ」という関係を「五行相剋」という。水は火を消し、火は金を溶かし、金でできた刃物は木を切り倒し、木は土を押しのけた生長し、土は水の流れをせき止めてしまう、という具合に、水は火に、火は金に、金は木に、木は土に、土は水にそれぞれ悪影響を与えてしまうということが「五行相剋」である。

日本における陰陽五行思想

仏教儒教と同じ5世紀から6世紀には暦法などとともに伝わり、律令により陰陽寮という役所が設置された。その後、道教の道術を取り入れて、陰陽道へと日本独自の発展をした。

陰陽師 おんみょうじ

天空に浮かぶ星を読み、易(占)を行って物事の吉凶を占った、今でいうところの天文学博士。
暦をつくる以外にも、様々な呪符を用い、加持祈祷を行って魔を退けたとされています。

やや詳しい説明

陰陽師(おんみょうじ、おんようじ)

古代日本の律令制下において陰陽寮に属した官職の一つで、陰陽ごぎょうの思想に基づいた陰陽道によって占筮(せんぜい)及び地相などを行う方技(技官)として配置され、後には本来の律令規定を超えて占術・呪術・祭祀全般を司るようになった職掌のことをいう。

 陰陽五行思想の伝来

全ての事象が陰陽と木・火・土・金・水の五要素の組み合わせによって成り立っているとする、陰陽五行思想ないしこれと密接な関連を持つ天文学、暦学、易学、時計などは、5世紀から6世紀にかけて中国大陸(隋)から朝鮮半島(高句麗・百済・新羅)経由で伝来した。
そして、日本においては「日月星辰の運行・位置を考え相生相剋の理による吉凶禍福を判じて未来を占い、人事百般の指針を得る」ことが重要であると考えられるようになり、吉凶を判断し行動規範を得るための方策として陰陽五行思想が重視されることとなった。

 平安時代における陰陽道

9世紀平安時代に入ると、藤原種継暗殺事件以降に身辺の被災や弔事が頻発したために悪霊におびえ続けた桓武天皇による長岡京から平安京への遷都に端を発して、にわかに朝廷を中心に怨霊信仰が広まり、悪霊退散のために呪術によるより強力な恩恵を求める風潮が強くなったことを背景に、古神道に加え、有神論的な星辰信仰や霊符呪術のような道教色の強い呪術が注目されていった。

10世紀に入ると、天文道・陰陽道・暦道すべてに精通した陰陽師である賀茂忠行(かものただゆき)・賀茂保憲(かものやすのり)親子ならびにその弟子である安倍晴明(あべのせいめい)が輩出し、従来の一般的に出世が従五位下止まりであった陰陽師方技出身者の例を破って従四位下にまで昇進するほど朝廷中枢の信頼を得た。そして賀茂保憲が、その嫡子の賀茂光栄(かものみつよし)に暦道を、弟子の安倍晴明に天文道をあまなく伝授禅譲して、それぞれがこれを家内で世襲秘伝秘術化したため、阿部家の天文道は極めて独特の災異端祥を説く性格を帯び、加茂家の暦道は純粋な暦道というよりはむしろ宿曜道(すくようどう)的色彩の強いものに独特の変化を遂げていった。

 陰陽師が用いた道具・呪法・呪符・呪文

臨(リン)兵(ビョウ)闘(トウ)者(シャ)皆(カイ)陣(ジン)裂(レツ)在(ザイ)前(ゼン)

九字真言・ドーマンとも言われ、中国の「抱朴子」に見られる山に入る際に邪気をかわすための呪文をその起源としており、この九文字の意味はそれぞれ「青龍」・「白虎」・「朱雀」・「玄武」・「匂陳」・「帝后」・「文王」・「三台」・「玉女」の意を表す九星九宮のことで、陰陽道に限らず修験道・兵法・密教などで最強のものとして広く使われるようになった。一気に唱えることで一切の災厄と魔物から身を護る最強の呪文とされ、これを唱える際には、両手で印を形成して唱える剣印の法と、手刀で四縦五横に「九字を切る」破邪の法があるが、陰陽師は好んで破邪の法を用いる傾向がある。

 *急急如律令(キュウキュウジョリツリョウ)

元来は、中国漢代の公文書の末尾に書かれた決まり文句で「急いで律令の如く行え」の意。道家が呪文に取り入れたものを、陰陽師が吸収し「急急如律令呪符退魔」のように頻繁に呪文に付加して用いるようになったとされている。

 *六壬式盤(りくじんちょくばん)

天変地異を察知したり、吉凶を判断するための式占(ちょくせん)を行うための道具で、地を表す「與(よ)」と呼ばれる台座と、天を表す「湛(たん)」と呼ばれる円形の天板で作られ、「式封呪祭文」であるとか「式礼印法」と記載されている。

 *呪符

霊符とも呼ばれ、目的に応じて使用されるマークや呪文を記載した札。安倍晴明が好んで使用したという、陰陽五行の循環(木→火→土→金→水)を表しまた陰陽道の相剋を示し、後々星辰信仰の影響やその黄金比を多く持った美しい形状から、魔除けとして広く使用されるようになった「セーマン(晴明桔梗紋・五芒星)」や、九字に由来すると言われる蘆谷道満が好んだ魔方陣とも言われる「ドーマン(九字格子)」が有名で、悪意ある邪眼をそらすため用いられたとされている。

 *護符

 御符などとも呼ばれる御札・お守りの原型で、陰陽道では呪文を書き付けた霊符呪術に用いる護身のための呪符。

 *人形(ひとかた、ひとがた)

形代(かたしろ、かたじろ)、撫物(なでもの)とも言い、紙や木材・草葉・藁などで人の形につくられ、手で撫でることによって自分の穢れをこれに移しつけて祓うのに使われるもので、流し雛の風習などもこれと同じ発想で行われた。人形に呪いをかけたい相手の名前を書き、その人形を傷つけるなどして、相手に事故死や病死などの重大な災いをひき起こすことも出来るとされており、この用法では丑の刻参りの藁人形が有名。また、人形に式神(しきがみ)と呼ばれる鬼神を召還することも出来るとされ、安倍晴明がこれを得意として十二神将を自在に操ったとされている。

 *式神(しきがみ)の法

「職神」あるいは単に「式(しき)」ともよばれる十二神将と呼ばれる神のことで、「式」は陰陽道で用いられる「六壬式盤(ちょくばん)の式に由来している。安倍晴明が自在に使いこなしたとされるが、直接は使役せずに紙や木材・草葉などを人形(ひとがた)ないし形代(かたしろ)にして、呪文を唱え息を吹きかけるなどして式神を乗り移らせてから使役していたとされている。

気 き

人や獣、虫などの生命体だけでなく、火や水、石などの無機物など、あらゆる物質が有するエネルギー。
物質によってエネルギーの質が異なり、他の物質に与える影響も異なるとされています。

やや詳しい説明

気(き)とは

中国思想の用語の一つ。一般的には気は不可視であり、流動的で運動し、作用をおこす。しかし、気は凝固して可視的な物質となり、ばんぶつを構成する要素ともなる。宇宙生成論や存在論で論じられた。

気(き)は

生命力や聖なるものとして捉えられた気息、つまり息の概念がかかわっている。そうした霊的・生命的気息の概念が、雲気・水蒸気と区別されずに捉えられた大気の概念のひとつのものとみなされることによったはじめて、思想上の概念としての「気」が成立する。
雲は大気の凝結として捉えられ、風は大気の流動であり、その同じ大気が呼吸されることで体内に充満し、循環して、身体を賦活する生命力として働く。つまり、ミクロコスモスである人間身体の呼吸とマクロコスモスである自然の気象との間に、大気を通じて、ダイナミックな流動性としての連続性と対応を見出し、そこに霊的で生命的な原理を見るというアイディアが、気という概念の原型である。

武術での気

武術では、独自の「気」の概念・理論を持つ(日本武道では合気道が有名)。古い資料では遠当(とおあて)という技術があったとされる。これは離れた相手に気をあてる技術で、遠当を放って相手の姿勢を崩した後に弓で矢を放って射止めたと言われている。

マンガの気

道教の修行法のうち、丹術とそれを利用した中国武術や気功が日本に伝来したことから、格闘マンガでよく使われ、主に相手に直接触れずに倒す、またはダメージを与える。古くは、カメハメ波、波動砲。

式神

式神

陰陽師のしもべで、術者の身の回りの世話をしたり、使いをしたり、術の手伝いをしたりする妖怪、鬼、魔物の総称。安倍晴明は、一条戻り橋の橋のたもとに12体の式神を隠していたと伝えられています。

紙人形を依代

陰陽師は左図のような人の形をした紙人形を依代(よりしろ)にして呪法を行う事が多いため、こうした紙人形を式神と呼ぶこともあるようです。
 

やや詳しい説明

式神

陰陽師の命令の下で、様々な不思議な現象を起こすとされる霊的存在のことである。「式」とは用いるの意味。

自在に姿を変える

これらは和紙札の状態(式札とよばれる)で術師が携帯していることが多く、使用時には鳥や獣等へ術師の意思で自在に姿を変える。

物語の素材

その神秘性と知名度からか、陰陽師もしくはそれを下地にした物語の素材として登場する事が多い。

風水 ふうすい

中国四千年の歴史を陰で支えてきたといわれる。陰陽道の源流。大地の気の流れ(龍脈)を探り、福を招く地相を発見、つくりだします。
風水の専門家は風水師と呼ばれ、現在でも家の地相や家相を見たりして、「住」に関するアドバイスを行っています。

やや詳しい説明

風水

風水(ふうすい)は、古代中国の思想で、都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福を決定するために用いられてきた、気の流れを物の位置で制御する思想。風水では都市や住居(生者の居住空間)を「陽宅(ようたく)」、墳墓(死者の居住空間)を「陰宅(いんたく)」と呼んで区別している。そのよろしきを得れば、死者は永く幸を受け、生者はその子孫繁栄するという。

二つの風

風水は、その土地の気の勢いや質を、地形等の形成を目で見える有形のもので判断する方法(形法、形勢派、らん体派など)と、陰陽五行や八卦、易、方位など目に見えないもので判断する方法(理法、理気派、屋宅派など)とがある。

科学における風水

また、現代科学における風水は地磁気と人との関係を追及している。

二つの風水の理論

  1. 形法風水では、大地における気の流れを重視し、龍脈からの気のながれが阻害されておらず、運ばれてきた気が溜まり場になっているような土地に都市や住宅を建造しなければならないとする。そうすることによってその地方や一家に優秀な人材が輩出され、富にも恵まれると考えた。陰宅すなわち墳墓も同様であり、祖先がいる場所が子孫に影響を与えるとし、土地がよければ子孫は繁栄し、悪ければ没落すると考えれている。
     
  2. 理気風水では、方位の吉凶を重視し、個々人の生年月日によって決定される方位の吉凶にもとづき住居や墓の方位、住居内の配置などを決める。